勝浦漁協の紹介

漁港整備の変遷

今から300年前の徳川時代から商漁船の出入りがあり、港として利用されていましたが、天然の地形を利用していたに過ぎず、漁業発展にともない漁港整備の必要にせまられました。

大正14〜昭和7年にかけて浜勝浦漁業組合が護岸、岸壁、船揚場等を築造しました。


その後、昭和23年度より整備に着手し、昭和26年7月10日に第3種漁港に指定され、第1次〜第4次整備計画の修築事業により施設整備及び拡張工事を実施し、現在の漁港の形状が整いました。


その後、第5次、第6次整備計画内の局部改良事業を実施し、漁船の大型化にともない第7次〜第8次漁港整備計画に基づく修築事業により整備を行い現在に至っています。

事業内容

共済事業 購買事業 販売事業
製氷冷凍事業 利用事業 漁業自営事業
指導事業及び漁港関係    

所在地

組合員

正組合員 準組合員 合計
106名 65名 171名

取扱魚類別水揚高

(単位:千円)
品目 当期取扱高合計 内組合員取扱高
数量(kg) 金額 数量(kg) 金額
かつお 15,405,811 4,773,376 2,380 1,797
まぐろ類 16,312,233 3,893,833 9,139 16,857
かじき類 155,109 101,139 7,905 7,247
金目鯛 70,739 128,153 70,631 127,976
イセエビ 8,773 37,287 8,773 37,287
アワビ 5,083 36,004 5,083 36,004
さざえ 3,133 2,870 3,133 2,870
その他 226,624 60,431 48,986 25,237
合計 32,187,506 9,033,093 156,030 255,275

主要漁船別水揚高

(単位:千円)
漁船別 平成25年度 平成24年度
数量(kg) 金額 延隻数 数量(kg) 金額 延隻数
鰹一本釣漁船 29,374,772 7,326,896 1,207 22,473,482 6,994,511 951
小型鮪
延縄漁船
1,773,560 1,112,779 176 2,142,629 1,252,696 197
まき網漁船 767,326 254,662 22 1,015,230 361,315 31
その他
外来漁船
115,817 83,481 328 280,590 113,984 -
組合員漁船 156,030 255,275 4,109 169,016 241,341 -
合計 32,187,506 9,033,093 5,842 26,080,947 8,963,847 -

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 Katsuura Fisheries Cooreratives. All Rights Reserved.